トップからのメッセージ

日本一の販売台数を使命に、日産ブランドの価値向上を牽引しよう!

都心部のショールームと、全国の支店で事業を展開

当社には大きく分けて2つの部門があります。 「中央事業部」はショールームにおけるリテール事業を行う第一営業部、法人営業専門の販売部、業者販売を担う特約店営業部で構成されています。第一営業部は港区などの都心部を中心に13店舗 を構え、顧客の8割程を法人のお客様が占めています。 もう1つの「フリート事業部」は、大口法人を顧客に100%法人営業を行う部門です。当社の販売台数のおよそ8割を担う稼ぎ頭であり、札幌から福岡まで全国各地の支社で営業活動を行っています。

_YP_9440

国内新車販売台数No.1のプライド

当社メンバー全員の誇りである大きな特徴が、「日本一多く、日産の新車を販売している」という事実です。日産自動車全体で年間の累計販売台数およそ50万台のうち、10%にあたる5万台以上を当社が販売しています。これは全国の日産販社内でもダントツに大きな数字。いわゆる一般的な販社と同じ営業形態の中央事業部だけでも年間1万5千台の販売実績を誇り、優れた販売力にプライドを持っています。 この実績を支えるのは、日々お客様と向き合う社員たちの力です。日産グループ全社の従業員サーベイにおいて、顧客満足に情熱を注ぐスコアがとても高かったことが、当社らしさを物語っているのではないでしょうか。 また、既存顧客を大切にすることと並行して、新規開拓に力を注いでいます。そのどちらも大切にしながら、今後もたくさんのお客様に日産の車をお届けしていく方針です。 こうした環境で活躍するためには、バイタリティーが大切。コロナ禍でお客様にお会いできない時にも、工夫しながらコミュニケーションを取っています。積極的な行動は、当社の教育方針の要でもあります。

明るく元気な企業カルチャー

社風としては、コミュニケーションが活発で明るい雰囲気です。私自身も週末はショールームへ足を運ぶことが多く、月に一度はすべての店舗に顔を出し、メンバーやお客様のようすを見せてもらっています。若手メンバーとはたわいもない話をすることが多いのですが、頑張った報告を聞けば一緒に喜んだりと、モチベーション高く仕事に取り組んでもらうためのサポートができればと考えています。 社員一人ひとりの頑張りは、会社全体の方向を決める大切な要素です。メンバーが前向きに頑張るための環境づくりが、社長である私の大きな役目。このような思いから、社員の努力に報いるための評価・褒賞制度など、日々改定を重ねてベストな環境づくりを目指しています。現場目線を大切に。それが、私の仕事のポリシーと言えるでしょう。 そのほかに会社の紹介をすると、社会貢献活動にも参加しています。その一つが2020年8月に渋谷区と結んだ「災害連携協定」。これは日産自動車が電気自動車の普及を通じて、地域課題の解決等に取り組む「ブルースイッチ」活動の一環です。昨年は台風被害の大きかった地域へリーフを貸し出し、非常用電源として避難所で役立ててもらいました。このような地域貢献活動には、今後も積極的に取り組んでいきたいと考えています。

「ホワイト500」認定、社員の生活を充実させたい

質の高い仕事をするには、充実した私生活があってこそ。会社として、社員のワークライフバランスを充実させる取り組みには特に注力してきました。その一環として、2020年3月に「健康経営優良法人 ホワイト500」の認定を受けることもできました。今回は特に厳格な審査があったため、全国の日産販社を見渡しても希少な認定。当社の従業員満足を大切にする姿勢を認めてもらえたことを誇りに思っています。 コロナ禍においては、社員とお客様の安全を守るため、ショールームの営業時間短縮を実施しました。やってみるとさまざまな発見があり、お客様の利便性を損なうことなく、残業時間削減にも成功しました。今後も状況に合わせて柔軟に、ベストな選択をしていきたいです。

この手で、日産ブランドの価値を高めていく!

日産自動車グループは、今まさに再建が始まったところです。2020年5月発表の中期計画では、2023年までに続々と新型車を投入することや、ニッサン・インテリジェント・モビリティの積極的導入などの方針が決まっています。さらに、持続的成長に向けたロードマップ「選択と集中」のテーマにおいて、日本はコア・マーケットの1つと位置づけられています。その日本市場を牽引するのは、まさに私たち日産自動車販売のメンバー。日産ブランド再建を、販売台数面から支える先導役が、私たちの大きな使命です。「日産の復活は、私たちの手にかかってる」という気概で、日産再建の原動力となる思いを1つに頑張っているところです。自分たちの手で大きな仕事を成し遂げたい。この思いに共感いただける方に、ぜひ仲間になってほしいと思います。

_YP_9488

日産自動車販売株式会社 代表取締役社長 須山義弘

pagetop