トップからのメッセージ

「技術の日産」のその先に「安全なカーライフの実現」がある

「70年以上の老舗として、地域との関係をより密に」

大分日産自動車は、地元の販売店として70年以上の歴史があり、私で4代目の社長となります。長い歴史があるということは、それだけ地域とのつながりの深いということでもあります。なかには三世代にわたって、クルマを購入し続けていただいているお客さまもいらっしゃいます。

そういった地盤があるので、例えば新入社員が初対面のお客さまに対応する際にも、よい印象を持って接していただいています。それは老舗ならではのメリットでもあると考えています。

こうした信頼関係を末永く続けていくため、お客さまとのつながりをよりいっそう密なものにするよう常に意識しています。具体的には、例えばお客さまのご家族のお祝いごとの際にご連絡をさせていただくなど、「気配り、心配り」を意識した接客を心がけています。

「“あと一歩の小さな努力”ができる人には、結果が必ずついてくる」

大分日産自動車の社員は、現在210名以上います。全体的に人あたりが柔らかく、社内はアットホームな雰囲気です。先輩の面倒見がよく、新人も仕事を覚えやすい環境だと思います。新入社員にまず求めることは、基本中の基本ですが、誠実さ。お客さまとの約束や時間をきちんと守ることは最も大切なことです。

性格的には、気持ちの切り替えが上手なほうがよいでしょう。仕事をしていれば、ミスをしてしまったり、営業成績が上がらなかったり、思いどおりにいかないこともあります。趣味でもなんでもよいので、自分なりの気持ちのスイッチを切り替える手段を持っている人がやはり強いです。もう一つ挙げると、負けず嫌いで「これぐらいでいいかな?」と思ったときに、「いや、もう少し頑張ってみよう」と思えるか否か。“あと一歩の小さな努力”ができる人は、結果が必ずついてきます。

日産は今、自動運転機能や電動自動車など、他社にはない技術を活かしたクルマに力を入れています。その先には「安全なカーライフの実現」という目標も見据えています。昨今、ご年配のドライバーの操作ミスによる事故のニュースも目立っています。こうした状況下、自動運転機能などといった性能を備えた安全性のより高いクルマの販売を通じて、事故防止に少し手でもお役に立ちたい。さらにはこうしたことによって、社会にも貢献していく。これこそが私たちの仕事だと考えています。

みなさんの入社を心よりお待ちしております。

ロゴ背景①

取締役社長 橋本 仁

pagetop