仕事内容とキャリアパス(テクニカルスタッフ)

クルマのドクターとしてお客さまに安心を提供する

お客さまが安心・安全なカーライフを送れるよう、高い技術力を持って点検・整備などのアフターサービスを実現するのが、テクニカルスタッフの役割です。クルマの技術は、環境対応やIT化など日々進化しています。技術修得制度や社内の勉強会などを活用し、技術力を高めていく必要があります。それと同時に、故障の原因や、整備修理内容をお客さまにわかりやすくご説明する能力も求められます。
担う役割は大きいですが、お客さまと直接ふれあうなかで、お客さまへの貢献を実感できることが多く、やりがいも大きいといえます。
カーライフアドバイザーやテクニカルアドバイザーとも連携し、技術力とチームワークでお客さまに安全を提供し続けていく仕事です。

テクニカルスタッフ 1日の流れ

9:00出社 工場内の整理や清掃を行い、その日の点検スケジュールを確認します。
9:00 – 9:30予定確認、見積書の準備など 店舗スタッフ全員で朝礼を行い、売上状況や来店予約状況、各種連絡事項などを共有。最後は元気にごあいさつの練習をし、店舗をオープンします。
9:30 – 11:00点検作業① テクニカルアドバイザーからコントローラーに整備点検内容に関する情報が引き渡され、テクニカルスタッフに作業が振り分けられます。整備点検は、作業項目に沿って一つひとつ丁寧に行われます。
11:00 – 12:00点検作業② 店舗の規模にもよりますが、1日だいたい3~5台の点検作業を行います。
12:00 – 13:00昼食 社内の共有スペースで仲間と一緒にお弁当を食べます。スタッフ同士のコミュニケーションも活発です。
13:00 – 16:00整備作業 指示があったら、整備作業を行います。ベルトやパッドの交換やエンジンの不具合対応など、整備内容はさまざま。先輩テクニカルスタッフの指導を受けながら、徐々に難しい技術にも挑戦していきます。整備が終わったら対応内容についてご説明します。
16:00 – 17:30整備作業② 作業によっては診断が必要なものがあります。診断機を繋いで不具合を検索します。その後、修理部品等の見積もりを作成します。
17:00 – 18:00終礼 工場の方針や連絡事項について共有されます。また、業務改善施策について、話し合いをすることもあります。
18:00営業時間終了・帰宅 翌日のスケジュールを確認し、帰宅します。

ご来店から納車までの仕事の流れ

ご来店
点検・車検・修理のご予約をいただいているお客さまをお待ちし、ご来店の連絡が入ったらお車を工場に受け入れます。
入庫受付
担当者として、お客さまに挨拶を行います。その後、テクニカルアドバイザーと作業内容を共有します。
点検・中間報告
点検の結果部品交換が必要と判断した場合は、見積額を算出してテクニカルアドバイザーに伝えます。技術的な内容はテクニカルスタッフ自らお客さまに対してご説明します。
整備対応
整備内容をお客さまにご納得いただいたら、整備作業を行います。難しい整備になる場合は、先輩社員と一緒に対応します。
整備結果説明、お引き渡し
作業が完了したらお車をお引き渡しします。長いお付き合いをいただくために、おもてなしの気持ちを込めてお見送りします。

テクニカルスタッフのキャリアステップ

pagetop

今すぐチェック!