先輩からのメッセージ

山本 善之

入社年度: 2003年

お客さまとの信頼関係が、新しい人脈を生み出す

自分の親がずっと日産車に乗っていたこともあり、子どもの頃から自然に日産ブランドに愛着を持っていました。
就活の時も、車が好きだという理由で自動車の営業職を中心に地元企業を数社訪問しましたが、やはり一番身近に感じ、ここで働いてみたいと思えたのは日産でした。

入社当時は「車が好き」という熱意だけで務まる仕事かと思ってましたが、実際に働いてみるとそれだけではなかなか難しい。車のスペックに詳しくて、車への愛があって、その熱意を存分に示せば買ってくれるという甘いものではありませんでした。「車を買う」には人により千差万別に目的があり、重きを置いているファクターも違うので、本当にお客様が望んでいる車を見極めるのが難しいです。 特に今は情報が氾濫しているので、お客様自身も情報過多なあまり自分の本当のニーズに気付いていないことがあります。

車のことだけではなく、お客様の日々の暮らしや趣味、将来の夢などをじっくりお伺いし自分を信頼していただいた上で、本当にご満足いただける車をご提案させていただくのがカーライフアドバイザーとしての務め。もちろん、営業であるからにはトップセールスを目指したいですが、その礎となるのはお客様との信頼関係だと考えています。 私自身、数年かけてじっくりとお付き合いした上で信頼をいただけ、以降購入するすべての車を任せていただいているお客様もいらっしゃいます。すぐに売ろうではなく、自分を見ていただき買っていただく。その気持ちで常に真摯にお客様と接することがこの仕事のコアな気がします。

和歌山という地域自体が車必須の地域ゆえ売りやすいという土壌があるので、自分次第で結果が出せるのはとても楽しいです。また、弊社の営業対象は個人だけでなく法人などへの大口アプローチもあるので、その点でも達成感や充実感は大きいですね。

pagetop