株式会社日産サティオ千葉北
採用サイト

先輩からのメッセージ

多田 淑乃

店舗名:非公開 / 入社年度:2015年

■現在の仕事内容と、その中での一番のやりがいは?

平日はお客さま宅をお訪ねし、クルマの調子うかがいやフェアの呼び込み、新車のご案内などをしています。土日・祝日はご来店されたお客様の対応を行ないます。お客さまにお渡しする資料や見積りをつくることも仕事のひとつです。データを見ながら、どのお客さまに、どのタイミングで、どういった新車やサービスをお勧めすべきか、こうしたことを考えながら進めています。新車をお勧めする際は、下取りやクレジットのプラン、保険などを含めた細かな見積りを用意し、お客さまにとって価値あるプランをご提案できるように準備をします。

カーライフアドバイザー(CA)は男性が多い職種ですが、女性CAは女性ならではの視点や経験を活かしてお客さまにご説明することができます。例えば、UVカットのオプションのご提案や、実体験に基づいた女性に運転しやすいクルマ選びなどをお話できます。女性同士ですと共感できることも多いため、打ち解けるのも早いように感じます。

さまざまな職種、年代のお客さまとおつきあいをするのがCAの仕事です。一人ひとりのお客さまのニーズや性格を見極め、うまく信頼関係が築けたときに、言葉にできないやりがいを感じます。

tada2

■仕事上印象的だったエピソード。または、仕事をする上で一番に心がけていることは?

印象に残っているのは、先日新車をご購入いただいたお客さまとのやりとりです。前回のご購入から8年、私が担当して3年経ったお客さまで、ずっと新車をお勧めし続けていた方でした。会社を引退されたということで、「これを機にぜひ新車を」とお話しすると、私の必死さが伝わったのでしょうか、翌週にご夫婦でご来店くださり、新車のご購入を決めてくださいました。その際、「どれを買ってほしいの? 多田さんに任せるから全部よろしくね」と、すべてを任せてくださって……。信頼を築けたことがとても嬉しくて、一瞬で疲れが吹き飛んだのを覚えています。

心がけていることは、何ごとも自分のものさしで測らないことです。お客様は一人ひとり性格も考え方も、習慣も違います。楽しく雑談を交えるのが好きな方もいらっしゃいますし、淡々とビジネスライクに進めたい方もいらっしゃいます。ひとり暮らしでも大きなクルマを望まれる方、お子さんがいても小さいクルマを希望される方もいらっしゃいます。「普通は、一般的には、こうだから」と決めつけることなく、お客さま一人ひとりの性格やご希望に合わせて、その方に合った最適な対応をするように心がけています。

多田さん修正版

■今後の目標。または、学生さんへのメッセージ

社会人3年目となり、一人前になることを期待されるようになりました。これまでは自分のペースで仕事に慣れることが優先でしたが、今後は店舗全体のこと、周囲の皆さんのことも考えて仕事をしなければならないと思っています。尊敬する上司や仲間たちに恵まれているので、ステップアップを目指しつつ、頑張っていきたいと思います。

社会人になって初めての仕事は、慣れるまでは苦労があるものだと思います。私自身、最初の半年くらいは体力的にも精神的にもきつかったのを覚えています。3年が過ぎた今になっていえることは、仕事にとって大切なのは「わからないことをそのままにしない」ということ。お客さまだけでなく、上司やスタッフと話していても、わからないことが度々出てくると思います。そんなときは、可能ならばその場で聞いて確認する。聞けないときは持ち帰って必ず調べるといった努力が必要です。わからないことをそのままにしていると、結果的に信頼を欠いてしまい、さらには無責任な仕事になってしまいがちです。私もいまだにわからないことがたくさんあり、くじけそうになることもありますが、周囲に助けられながら、頑張り続けることができています。

tada4