株式会社日産サティオ千葉北
採用サイト

先輩からのメッセージ

原 翔馬

店舗名:非公開 / 入社年度:2014年

■現在の仕事内容と、その中での一番のやりがいは?

テクニカルスタッフ(TS)として、車検や点検、一般整備などをしています。お客さまのカーライフの安心と安全を守るために、具体的には一つひとつの部品をていねいに確認しながらクルマの整備をしています。点検内容をお客さまに伝えたり、必要な部品や作業のご提案をしたりすることもあるので、整備の技術だけでなく、対応力が求められる場面も多くあります。

やりがいは、初めて挑戦する作業を無事に終え、次からもより的確に同様の作業をこなせるようになったときに感じます。先輩に教えてもらわなければできなかったことを自分だけできるようになると、整備士としての自信もわき、モチベーションも上がります。自分の成長を感じるだけでなく、またひとつ、お客さまの安全を守ることができたということも実感できます。整備や修理をきちんと終えたときは、言葉にできない安心感や達成感を覚えます。

こうしたスタンスで行なう仕事の結果、「ああ、本当によかった。どうもありがとう」などとお客さまから声をかけていただいたときには、この仕事をやっていて本当によかったなと思います。

hara3

■仕事上印象的だったエピソード。または、仕事をする上で一番に心がけていることは?

「正確でていねいな作業」、このことを常に心がけています。クルマの整備は、お客さまの安全を守る仕事。つまりは命を預かる仕事でもあります。ブレーキの不具合は大事故につながりますし、突然エンジンが止まっても大変なことになる。ですから、確認はいつもしつこいほど何度も繰り返します。「命を預かっている」というこの意識は、作業中も常に頭のどこかにあります。とはいえ、そればかりを考えていると作業に集中できないこともあり、夜も眠れなくなってしまいます。ですので、結果的に最適な整備・点検となるよう、点検項目を冷静にチェックしつつ、「確認」に重点を置いて作業するようにしています。

さらには、お客さまの待ち時間をできるだけ短くすることも大切だと思っています。正確な作業はもちろん重要ですが、お客さまが快適にサービスを受けられるよう努力することも大事。短時間で効率よく作業するように意識しています。

hara1

■今後の目標。または、学生さんへのメッセージ

今後の目標は、ひとりでもっといろいろな作業ができるようになること、そしてお客様によりご満足いただける対応ができるような整備士になることです。そのためには、日産が行なっている研修会にまめに参加したり、先輩の仕事ぶりを参考にしたりするなどして、積極的に動いていきたいと思っています。また来年は入社5年目で、次第に責任も重くなっていきますから、周囲にも気を配っていける存在になっていきたい、そう考えています。

整備士という仕事は、専門的な知識と技術を有する技術者であり、職人です。将来、必ず自分のためになる仕事です。クルマが好きで、クルマを修理したり、部品に触れたりすることが好きな人にとっては、理想的な仕事だと思います。好きなことを追求して、それを仕事にできるということは、何にも代えがたい幸せです。決して諦めることなく、夢をかなえてください。

hara4