トップからのメッセージ

個人のチャレンジを最大限尊重し、
社員とともに成長する会社を目指して

「意欲的にチャレンジすれば、どんなチャンスも手にできる」

千葉日産自動車は、地域のみなさまに支えられ、おかげさまで一昨年設立75周年を迎えることができました。もとは日産自動車販売の千葉支店を母体に設立され、地場の資本で経営している会社です。お客様を大切に、地域社会に貢献する企業を目指し、「理想のクルマ社会」に向けた事業を展開しています。

地場の資本で経営しているため、社員一人ひとりが尊重されるたいへん開かれた環境です。それぞれの意見や考えを発言しやすく、志が高ければ誰でも社長を目指すことができる民主的な環境が整っています。新入社員のみなさんにも、一人ひとりに大きなチャンスが与えられています。私自身も、昭和47年にたまたま縁あって入社した一人にすぎません。こういった企業形態は、全国の日産販売会社のなかでもとても珍しいと言えるでしょう。

千葉日産自動車は千葉県で日産車の販売営業等の企業活動を展開していますから、勤務は千葉県内の販売店に限られます。そのため、全国展開の大企業のように大きな転勤がありません。家庭を持ってから県外転勤になると、単身赴任や子どもの転校といった大きな変化に直面しますが、そうした心配がないため、落ち着いた生活ができるというのが強みです。土地に根ざして、自分の人生を自分が描くように過ごせることが、我々のような地元の企業の特長でしょう。

「自分の仕事に誇りを持って、充実した人生を」

新入社員の方は、「営業」「事務」「整備」の3つの職種から希望する職種を選び、仕事を始めることができます。OJTシステムをとった新人教育も充実しており、3年間は本部でのフォロー教育が徹底されています。世代も職業も性別も異なるさまざまなお客様と接し、個人の目標に挑戦することで、社員一人ひとりが大きな成長を遂げていきます。入社式ではまだ初々しかった新入社員が、1年後2年後にたいへん凛々しい顔つきを見せていると、その成長に驚いてうれしくなります。

千葉日産自動車には、「人間性を尊重する」という企業理念があります。お客様を大切にし、地域社会に貢献する。そして社員の相互理解を深め、自主・自立を尊重するという理念です。この理念のとおり、社員の一人ひとりが自分の仕事に誇りを持ち、お客様とそして自分自身も大切にして生きていってほしいと思います。謙虚さと素直さを忘れずに、意欲的にチャレンジしていく人は、仕事だけでなく人間的にも大きな成長を遂げ、充実した人生を過ごせます。「人生を大事にすること」――そこを忘れずに、社会人としての一歩を千葉日産自動車で刻んでほしいと願います。そのためには、経営側が風通しのいい環境を設ける必要性も認識しています。若い社員の話を素直に聞き、その感性や意見に耳を傾け、社員とともに成長する会社であり続けたいと思います

みなさんの入社を心待ちにしています。

DSC_1521

代表取締役 清宮 達男

pagetop