企業理念

宮城県とともに76年、常に最先端の技術でお客様に笑顔と安心を届けてきました。

 

私たち宮城日産自動車の設立は、第二次世界大戦の最中の1942年。

当時の主力商品は「働く車」であり、ダットサントラックが人気No.1車種でした。

売れ筋車種は時代とともに変遷し、高度成長期にはサニーやブルーバードといった大衆車、バブル期には高級車やスポーツカー、そして近年はハイブリッド、e-POWER、電気自動車といった燃費と環境にやさしいエコカーに人気が集中しています。

人気車種は、いわば日本経済の歩みを映し出す鏡なのです。

そして私たちもまたそうした時代を共に歩み、宮城県下のお客様に豊かなカーライフの提案を続けてきました。

時代に即した豊かな暮らしを、自動車を通して提案し続ける。

私たちはこれからも、お客様のより豊かなカーライフの実現をサポートしていきたいと考えています。

 

 

 

クルマがあることで実現する豊かな暮らしをご提案します。

 

時代の流れと共に販売方法も変化してきました。

訪問販売中心のスタイルから、現在はショールームでお客様をお迎えする「来店型」へ。

そこでお客様に実際にクルマをご覧いただき、試乗していただいた上で商談を進めていきます。

私たちの仕事は、単に販売・修理するだけでなく、クルマを通じて豊かな生活を実現するための提案をしていくことがミッション。

ご家族の多様なニーズを伺ってベストな提案をし、最後に皆様の笑顔と共に「ありがとう」のお言葉をいただける、やりがいある仕事です。

 

 

 

お客様の笑顔を何よりの励みに、チームワークよく取り組む風土。

 

仕事で大切なのは、まずお客様のお話をよく伺うこと。

クルマ好きであることはもちろんですが、私たちの社内には「お客様の笑顔と『ありがとう』の言葉に何より働き甲斐を感じる」という人間が少なくありません。

またお客様だけでなく、社内の職種の異なる先輩・同僚たちとも日常的によく連携を取ることもとても重要。

いい仕事をするには、チームワークが不可欠だからです。その点、私たちの社内は部署間の隔たりのない風土のもと、チームワークを大切にする人たちが揃っています。

毎年の新入社員も暖かく迎え入れ、みんなで成長をサポートしている、そんな会社です。

あなたにもぜひ、安心して当社の門を叩いていただきたいと思っています。

pagetop