日産プリンス千葉販売株式会社
採用サイト

先輩からのメッセージ

永瀬 かん奈

店舗名:非公開 / 入社年度:2016年

■現在の仕事内容と、その中での一番のやりがいは?

現在は、主に来店されたお客さまへのサービスと、電話や訪問での新車・点検などのご案内を担当しています。お客さまと接する上では、相手のことをより知ることができるように心がけています。例えば趣味の話になったときは、お客さまがお帰りになったあとで、お客様カードメモに必ず記録しておくようにしています。相手のことを知ることで、次回からよりよい提案ができる、そしてなによりもより深い信頼関係を築くことができるからです。

終業時間前には毎日、実績表にその日に契約できた新車や保険の内容、点検項目などを記録します。目に見える形にすることで、現状を把握することはもちろん、目標が立てやすくなることを実感しています。獲得件数が多い日には達成感が得られます。一方、件数が獲得できていない日には、自分を奮い立たせる材料になっています。

nagase2

■仕事上印象的だったエピソード。または、仕事をする上で一番に心がけていることは?

記憶に残っているのは、日産車ではないクルマをお使いになっていたお客さまが乗り換えてくださったときのことです。初めてご来店された日はお話だけしてお帰りになったのですが、後日、電話やお宅への訪問を通じて、クルマの魅力をアピールしました。「少ししつこかったかな?」とも感じていたのですが、できるだけていねいにお客さまにお勧めしたいクルマについてお話をさせていただきました。結果、「そんなに熱心なら永瀬さんから買いましょう。今後も永瀬さんにいろいろとお願いしたい」とおっしゃっていただきました。この言葉は、今も自信につながっています。

じつは、入社したての頃は、「言葉遣いに気をつけなくては」と意識しすぎたり、緊張してしまったりで、お客さまとうまく話すことができませんでした。表情も強張っていたと思います。それでも同じお客様と繰り返しお会いして、誠心誠意お話をさせていただきました。そうすることで、次第に自然な笑顔ができるようになり、お客さまもさまざまなお話しをしてくださるようになりました。会話をする中で、こちらの気持ちはやはり相手に伝わるもの。それを実感できるようになってから、お客さまと接する際は、明るく笑顔でいることを強く意識するようにしました。このことは現在、常に実践しています。

nagase1

■今後の目標。または、学生さんへのメッセージ

今後はさらに、「永瀬さんじゃないと」と言っていただけるようなカーライフアドバイザーになることが目標です。そのためには、女性であることも活かせる面があるのではないかと思っています。お客さまの中には、「担当が女性のほうが相談しやすい」という方もいらっしゃいます。例えば、お子さんとご夫婦でご来店された場合に、「こうすると、クルマにベビーカーを載せやすいですよ」など、女性ならではの視点でご案内をすることもできます。より具体的なイメージがわくことで、安心して契約していただくこともできるはず、そう考えています。

カーライフアドバイザーは男性が多い職種なのですが、逆にいえば、女性であることを強みにできる職種でもあると感じています。女性ならではの接客に磨きをかけ、今後も「永瀬さんじゃないと」と言ってくださるお客さまをひとりでも多く増やすことができればと思っています。

nagase4